宅配業者がサービス出来ない事とは何があるのでしょう

>

現代ではどんな物でも宅配してくれる

ドローン宅配サービスを利用の際の初期設定

「某書店」が4月1日無人航空機ドローンによる、選書宅配サービスを7月より実施することを発表しました。
現実化すれば、世界初の商用ドローンサービスとなる可能性があるのです。
「某書店」では、アンケートに答える事により、ユーザーに求められている本を、その場所までドローンが届けてくれるサービスなのです。
利用方法としては、スマートフォンの専用アプリをダウンロードして、「初めて夕焼けを見て綺麗だなあと思った瞬間はいつか」「あなたは人に騙されやいい方ですか」などの538項目のアンケートに答えることにより、好きな本を選択することが出来ます。
その後は、自分の好きな本・読みたい本のコースを選び注文することが出来ます。

ドローン宅配サービスを利用する際の注意点

ドローンで宅配サービスを受ける際は、コースと価格は別に3種類から選ぶことが出来ます。
1万円のお手軽コースでは、コミック10冊と文庫本10冊が、それぞれ配達されるコースから、5万円のコースは、本屋さんが遠くて中々行けないという方にお勧めのコースで、5万円のコースでは、コミック36冊と文庫本40冊のセットとなっているものが高い人気を占めています。
10万円という一般的には、お高いコースでは、コミック50冊と文庫本が65冊のセットとなっていて、会員は誰でも読み放題という状態なのです。
5万円・10万円のコースについては、二機以上のドローンを使い届けてくれるサービスも付いており、目安としては、コミック20冊以上で文庫本が33冊以上の配達の場合については、ドローン数機により見届けられます。
ドローン1機が運搬可能な重量は約5キロ迄で、コミック1冊が250グラム・文庫本1冊150グラムで計算されます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ